2018年11月16日
  • 能は、日本の伝統芸能

第22回さがみはら能

第22回さがみはら能
2019年1月20日(日) 14:00 開演
於.相模女子大学グリーンホール

*********** ご挨拶 ***********
拝啓
皆様には益々ご清祥の事とお喜び申し上げます。
平素は松山隆雄後援会にご支援頂きまして厚く御礼申し上げます。
さて「第二十二回さがみはら能」を平成三十一年一月二十日(日)
相模女子大学グリーンホール・大ホールにて開催いたします。
今回は人間国宝で日本芸術院会員でもいらっしゃる梅若実先生にご出演頂き、仕舞『重荷』をご覧ただきます。
また能『土蜘』では松山隆雄が源頼光を、息子の隆之が蜘ノ精を務めます。
蜘ノ精が千筋の糸を頼光や家来に投げかけ、幻想的な舞台が繰り広げられます。
更に間狂言では蟹が登場します。
その他、仕舞『羽衣』、『八島』と見所盛り沢山でございます。
皆様お誘いあわせご来場頂き、お楽しみくださいますようお願い申し上げます。
敬具
能楽普及推進会

仕舞「重荷(おもに)」    特別出演   梅若 実 (人間国宝・日本芸術院会員)

能「土蜘(つちぐも)」          松山 隆雄、松山 隆之、ほか
   間狂言              三宅 近成、三宅 右矩 
   
仕舞「羽衣」              梅若 長左衛門
  「八島」              小田切 康陽

****************************